人気ブログランキング |

自家菜園の楽しみ

畳みを縦に3枚並べたくらいの西向きの菜園。陽当たりもイマイチですが、収穫の季節がやってきました。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09543477.jpeg
三種混合のレタスの種を蒔いて20日、こんなにたくさんなってきました。ニンニクは中国産に比較して、国産ニンニクは価格が数倍高いので、植えてみました。こちらも収穫時期が迫ってきました。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09534006.jpeg
狭いところにニラとおネギもちょっとだけ
自家菜園の楽しみ_b0100062_09550160.jpeg
夕方、間引きも兼ね収穫しました。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09552796.jpeg
用途に合わせて、大きめのレタスの葉っぱと分けています。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09541796.jpeg
こちらはお水を切って朝一にいただきます。食卓の上のレタスを見るのが私の楽しみです。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09532411.jpeg
10枚切りの食パンの一枚に、これらの野菜を包んでいただきます。
自家菜園の楽しみ_b0100062_09554350.jpeg
いつもならコーヒーでいただくのですが、今朝は瀬田シジミのお味噌汁でいただきます。
自家菜園の楽しみ_b0100062_10185530.jpeg
菜園から、ニラを摘み浮かべて出来あがり。私は小さな人間なのか、こんな日常に幸せと嬉しさを感じ、感謝の毎日です。
# by nittamold | 2020-05-20 10:23 | 園芸

現場の50年選手

ニッタモールド甲南工場には、私も含めて、現場一筋50年の金型技術者がいます。彼とは一緒に40年を数えます。お互い金型の設計が好きですが、彼には太刀打ち出来ません。
現場の50年選手_b0100062_10120181.jpeg
金型の設計や、ゲートカット機を創り、工場に送ります。
現場の50年選手_b0100062_10270974.jpeg
自動送りの合間に図面確認をします。
現場の50年選手_b0100062_10424271.jpeg
日々の作業をとうして新人や、成形の若手の育成をしています。それだけに仕事の手抜きは許さないのです。(これは俺の仕事や)の心意気。
現場の50年選手_b0100062_10291827.jpeg
加工設備も年季が入ってこの旋盤、52年選手です。
現場の50年選手_b0100062_10130929.jpeg
機械も扱いようで力になります。
現場の50年選手_b0100062_10290277.jpeg
タイ🇹🇭ニッタM&Tの金型工場は、メンバーも20名以上を数え、最新鋭の設備がいっぱいですが、私達はアナログが扱いやすいのです。金型メンテナンスや修理を楽しんでいます。成形工場も40年選手が(成形技能士1級)後輩の指導をして、成形技能士の育成をしています。金型洗浄器の使用は認定制。
現場の50年選手_b0100062_11014725.jpeg
全員野球です。私も毎日一緒に仕事をさせてもらっています。
# by nittamold | 2020-05-19 11:04 | 仕事

この季節、美味しいシジミのお味噌汁がいただきたくなり、瀬田の唐橋近くの漁協へ、家内と一緒にひとっ走りしました。ゴルフ??5のお店も近くにあるのです。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17110024.jpeg
漁協事務所兼直販所では、水揚げしたばかりのシジミを洗っておられました。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17112072.jpeg
シジミ1Kg、タテガイ1Kgを分けていただきました。持ち帰ってからは家内の出番です。シジミはしっかり、何度も洗います。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17135833.jpeg
瀬田シジミは粒が大きいのです。貝の色がいつもより黒っぽいので聞きますと、採れる場所によって色の差があるらしいです。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17133705.jpeg
シジミは一晩砂をはかせてから冷凍します。タテガイはシジミの3倍くらいの大きさ。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17121959.jpeg
こちらは湯がいてから中身を取り出します。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17131059.jpeg
そして、しょうがなんかで佃煮風にしてもらっていただきます。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17145196.jpeg
ビールにもウィスキーにも合います。早速いただきながら、昨夜ウリをぬか漬けしてもらっていたのも思い出し、交互にいただいています。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17095261.jpeg
今日はラッキョの漬けこみも手伝ったし、
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17100946.jpeg
つい最近まで思いもしなかった事が、新型コロナウィルスで、何気ない日常が幸せなんだ。って思います。家庭菜園で収穫した野菜にも、幸せを感じます。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_17510427.jpeg
お弁当のおにぎり、板のりに替えて自家菜園のレタスで包みます。これもタイ🇹🇭国で板海苔がなかったので、野菜も摂れるしなんて思って始めました。ちょうど今、家内が仕込んでおいたブリ大根が出来あがりました。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_18272695.jpeg
大根を1つ味見をしましたら、家内がラッキーの散歩から戻ってきて、鍋を改め*大根1つ味見したでしょう* 数を数えて仕込むなんて、思ってもいなかったです。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_18274298.jpeg
美味しいのでラッキーにもブリをあげたところです。
琵琶湖名産の瀬田シジミとタテボシ貝_b0100062_18280747.jpeg
全てを益にさせていただくことが出来、感謝です。
# by nittamold | 2020-05-13 17:58 | 食べる
美女销魂_日本免费一区_成本人片在线观看视频